室内飼いでもワクチンは打たなきゃダメなの?

ワクチンの接種で予防できる病気というのは、感染すると命に関わるかもしれない恐ろしい病気です。
ワクチン接種は、これらの病気にかかる前に体内に抗体を作り、万一感染しても発症しないように、または発症しても軽症で済むようにしておく事が目的です。
1度も外へ出ない猫が感染する可能性は低いでしょうが、ゼロではありません。例えば人間が外から菌やウィルスを運んで来ないとは断言出来ないのです。(感染猫と直接接触しなくても、便や尿、嘔吐物からクシャミの飛沫まで、靴で踏んだら玄関まで持ち込まれてしまいます。)
もし猫が重い病気で獣医にかかった場合、ワクチンを打っていなければ、病名を特定するまでに通常よりさらに幾つもの検査が必要になるでしょう。そして他の患畜と接触させられないため、入院もできないことになります。そんなことにならないためにも、毎年継続してワクチン接種を受けさせ、病気を未然に防ぎましょう。ついでに健康診断もしてもらえば一石二鳥で安心です。

ワクチン接種で予防できる病気は、猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)、猫カリシウィルス感染症、猫ウィルス性鼻気管炎。これらは三種混合ワクチン1本で予防できます(子猫が初めて接種する時は2回ないし3回)。この3種のうち猫ウィルス性鼻気管炎は他の2つと違い、ウィルスを完全ブロックするものではなく、感染したところを撲滅するよう働くのだそうです。ですからその効果の程度には個体差があることでしょう。

猫白血病ウィルス感染症の予防には猫白血病ワクチンがあります。
上記の3種にこれを加えた4種混合ワクチンが一部の病院で導入されているようです。
猫白血病ワクチンについては副作用や効果の面で、接種の是否についていろいろな意見が出ているようです。現在では完全室内飼いで外猫と接触する可能性のない猫は打つ必要がないという意見もあります。
また一説には、1歳以上の猫には必要はないけれど、子猫は2回打って免疫力をつけておいた方がよい‥‥など、獣医側レベルでもまだ意見の統一を見ていない状況といったところでしょうか。(血気盛んな若い外猫さんには打った方が良いという意見も。)さらに最近ではクラミジアのワクチンも発売され、上記全てを含めた5種混合ワクチンもできたようです。詳しく知りたい方は獣医さんにご相談下さい。(カリシウィルス抗体の種類が増えた7種も発売中とか‥‥)

-ワクチンの接種時期-
子猫は一般に生後45〜90日頃までは母猫からうけついだ免疫が効いています。
そして切れかかっているかも知れない免疫効果を新たなものにするために、2ヶ月過ぎになると第1回目のワクチンを打つのです。親の免疫が無くならないと、このワクチンは効果を発揮しません。そのため、確実に切れているだろう時期に第2回目のワクチンを接種します。通常1回目と2回目のワクチン接種の間隔は3〜4週間程度です。(ワクチンの種類によって若干差があります。)
最初に2回ないし3回打つ事により免疫は完全になり、少なくとも3〜5つの代表的な猫の病気から子猫は守られる事になります。また、オトナの猫に初めてワクチンを打つ場合も、2回接種が推奨されています。以降毎年1回接種し続ける限り、万が一いずれかの病気にかかる事があっても、軽くすむか、済まないまでもかなりの確率で命の保証はされるといわれています。しかし、例えばワクチン接種した時に子猫の体調が万全で無かったら、あるいは規定の期間内に2回目を打たなかったら、ワクチンの効果は半減かそれ以下になってしまいます。

以上のように子猫にとって生後2ヶ月目前後というのは、いわば雑菌だらけの日常にいきなり放り出されるという、とても微妙であやうい健康状態の時期であると言えるのです。私たちブリーダーも最も気を使う時期でもあります。
日本では今のところ9週目以降の2回接種が一般的のようですが、聞いたところでは、あるワクチンは初年度に3回、1年目に1回、以降3年毎の接種という説もあるようです。完全室内飼いで、特に免疫力が弱い(感染症キャリア)という猫でなければ、この説に従ってワクチンを打つことは、猫のストレス軽減や飼い主の経済面で大いに助かることでしょう。でもまだ獣医師側からの推奨率は低いようですね。病院や製薬会社の収益減が大きな理由でしょうけれど、健康診断は毎年やったほうが良い、という意見にも正当性がありそうです。そちらについては最寄りの獣医さんにご相談下さい。

*追記:米国のワクチン・ガイドラインを受けて日本でも、ワクチンの追加接種は3年で1回でよいという意見が多くなってきたようですが、一部では日本でのワクチン接種率は、海外に比べて非常に低いレベルに留まっており、 病気の発生率、病原体保有生物の分布、ワクチン接種率、その他飼育環境が異なるので、米英の接種指針をそのまま受け入れることには疑問がある‥‥と唱える意見もあるそうです。まだ当分は調査と議論が続きそうですね。('06.8)

       〜WINDOWを閉じて下さい。〜
[PR]
by wegiecat | 2007-02-12 12:28
<< オス同士でも一緒に飼える? 一... お金がないけどもう少し安くならない? >>