キャットショーにはどうやって出られるの?

あなたの猫をショーに出して良いかを、まずブリーダーさんに相談しましょう。
OK? では出陳予定のショーはTICA? CFA? お住まいが東京ならどちらもたくさん開催されていますが、地方の場合はちょっと大変。前者なら名古屋・九州、後者なら大阪・北海道などでも開催されているようです。
ブリーダーさんから登録証をもらっていますか? キツンで試しに1回と言うなら構いませんが、基本的にそれぞれの協会の登録番号が必要です。(申請中でも出陳は可能です。但し、アワードポイントの加算やチャンピオン登録等の申請のためには、番号が届いたらショーの結果を添えて米国本部へ報告しなくてはなりません。)
それからあなたの猫はショーが開催される時には生後何か月ですか? キツンクラスなら生後4ヶ月以上8ヶ月未満、チャンピオンシップなら生後8ヶ月以上から出る事が出来ます。

エントリー(出陳申込み)
ネットや猫雑誌などでショーの開催予定を調べましょう。
参加したいショーの問い合わせ先に連絡して、郵送かFAXで詳細が記されたフライヤ−とエントリーフォームを送ってもらいます。最近ではネットからエントリーできるクラブもあるようです。注意事項をよく読んでエントリーフォームに記入し、出陳の申し込みと出陳料金の支払いをします。(申し込み締め切りの目安は開催日の2〜3週間前くらい。)泊まり掛けで行く時はホテルや交通手段についても確認しておきましょう。
数日後、エントリー受付の確認書が届いたら内容を確認して下さい。間違いがあったら直ちに連絡します。あとは当日までにあなたの猫をきれいにしてコンディションを整えておくだけです。前日には爪をチェックして、シャンプーして、ゆっくり身体を休めておきましょう。(猫もあなたも。(^_^))

ショー前日の準備
持ち物チェックは済みましたか? とりあえずこれだけは持っていきたい物リストです。

ケージカバー、ケージ内に敷くタオルやマット、除菌スプレー、ウェットティッシュ、普通のティッシュ、食器とフード、コーム、グルーミング用スプレー、(もしものための)ドライシャンプー類、携帯用トイレと砂(大きいタッパーや浅めのダンボール箱が便利)、筆記用具、(TICAの場合)エントリー確認のハガキ、出陳料振込みの明細書、お気に入りのおもちゃ等。
泊まり掛けの場合〜お泊まり用の携帯テントやケージ、バスタオル、シャンプー&リンス、ドライヤー等。人間のお泊まりセットもお忘れなく♪

かつて私たちは狭い会場でイスが当たらない時のために、携帯イスを持っていってました。他の人ではあまり見かけなかったけどかなり重宝しました。現在は広めの会場が多くなって嬉しい限りです。

ショー当日の準備
受付時間に間に合うように余裕を持ってでかけましょう。

1、会場に到着したら、まず受付を済ませる。混んでいる場合は先に2へ。
2、出入口付近に貼り出されているベンチング表で待機ケージの場所を確認する。
3、待機ケージを除菌スプレーとティッシュ等できれいにする。
4、ケージカバー・トイレ・水入れなどをセットして猫を入れる。
(水入れがひっくり返らないようにご注意)。
5、ショーカタログをチェックする。自分の猫の出陳番号を確認する。
ショーの間、猫は全てこの出陳番号で呼ばれる。(忘れないようによく手に書いてます)。
名前の綴りや登録データなど、記載ミスがあった場合はマスタークラークへ届け出る。
6、ショースケジュール表で、自分の猫の審査の順番を確認しておく。
(変更もあり得るので、アナウンスにご注意)。
7、猫の目ヤニや鼻クソ、お尻等をチェック。出番が最初の方なら早めに手入れしておく。

一般審査
いざ出陣! ジャッジの紹介が終わり各リングに番号札が立ったらショーの始まりです。
自分の番号を見のがさないようにしましょう。
1、素早くコームを入れたら、番号札の立っている控えケージに猫を入れる。
3回以上番号を呼び出されるとアブセント(棄権、失格)となるので気をつける。
2、審査中は、リングの側に控えている事。万が一猫が荒れたりトラブルが生じたときはジャッジやクラークの指示に従う。
3、ジャッジは順番に猫を審査台にのせて審査したあと、それぞれのリボンを掛けて結果を示す。

リボンの意味は?
例えばTICAの場合、ノルウェージャンFCの審査では
まず性別・タイトルに関係なくカラークラス別に順位をつけます。
同じカラー、パターンの中で
e0008477_9523040.jpg

次にディビジョンクラスによる審査、全てのカラーの上位猫の中から
e0008477_9532773.jpg

最後に全ての上位猫の中から
ベストブリード、2ndベストブリード、3rdベストブリードが選ばれます。

以上のリボンが掛けられたら審査は終わりです。クラークが促すか番号札が斜めに傾けられたら、
猫を引き取って自分の控えケージに戻ります。(リボンは持ち帰りません。)

CFAの成猫部門の場合は、まず(OPEN、CH、GCH)の3つのクラスに分けられます。
第1審査は性別ごとに
e0008477_9552070.jpg

次に(同じクラスの上位猫の中から)
e0008477_956566.jpg

そして(全てのクラスの上位猫の中から)
e0008477_957979.jpg

(例えばおとなのNFCの中で1番になった猫には、青.黒.茶、の3つのリボンが掛けられます。)
さらにCHクラスの中で最も優秀な猫に、ベストチャンピオン〜紫 が与えられます。
因みにOPENクラスの第一審査で1位になると、三色のウィナースリボンがもらえます。
e0008477_9581336.jpg


これを6本集めると晴れてチャンピオンになり、CHクラスに出られるようになるのです。

ファイナル審査
各ブリードの一般審査が終了すると、ファイナル(最終審査)審査が行なわれます。
もしあなたの猫がジャッジに認められて黒や茶や紫のリボンを貰ったら、ファイナルに残れる可能性があります。
AB(オールブリード)ファイナルでは各クラスの全猫種を対象に、SP(スペシャリティー)ファイナルではロングへアーとショートヘア−に分かれて、上位猫10位までが選ばれ表賞されます。

1、番号札が上がったのを確認して、再び猫をリングの控えケージに連れていく。
  TICAでは入賞猫の番号はアナウンスされないので、自分で忘れずに確認する。
2、一般審査とファイナル審査が重なっている時は、ファイナルの行なわれるリングクラークに相談する。
  原則的に一般審査が優先される。

アワードやCHの称号等の有効ポイントになるかは、順位やトータル出陳頭数によって変わりますが、貰ったリボン(ロゼット)は記念ですから、ジャッジのサイン等頂いて大事に持ち帰りましょう。

キャットショーはブリードの成果を試すところであり、情報交換の場である事には違いありません。でも何といっても、きれいな猫を見ながら親バカ、猫バカな仲間たちと交流する事こそが、ショーでの最も楽しみなところなのではないでしょうか?。(でもはしゃぎ過ぎて呼び出しを聞き逃したり、ジャッジや他のエキジビターの邪魔にならないようにご注意を(^_^;;)

帰り支度
大ゴミ袋が用意されていないショーでは、ゴミは持ち帰りましょう。最近はゴミの持ち帰りをお願いするショーが増えてきました。ゴミの処理には結構お金がかかるものなのです。
   1、トイレ等に水を捨て、荷物を片付ける。
   2、猫をキャリーバッグに戻してカバーをしまう。
   3、残っている人の邪魔にならないようケージを解体し、イスを戻す。
   4、まだ閉会していない時はマスタークラークと受付に申し出ていく。

帰宅したら:キャーリ−バッグは除菌スプレーでふいて、できれば猫も除菌してあげましょう。
優しく労をねぎらいゆっくりと休ませてあげて下さい。

キャットショー会場は猫にとって、たくさんの知らない人間と知らない猫の臭いが充満する未知なる世界です。狭いケージの中やジャッジ台の上で、お家にいる時と同じように振る舞える猫の方が珍しいのです。何よりまずあなたの猫の事を第一に考えて、疲れていたり不機嫌な様子の場合は、無理をせず審査を休ませてあげて下さいね。

       〜WINDOWを閉じて下さい。〜
[PR]
by wegiecat | 2007-01-26 07:22
<< 国際的な猫団体にはどんなところ... 雑種の猫でもキャットショーに出... >>